時間を経て場所と調和する建築をテーマに設計しています。

建築は長くたち続けますから、設計にも相応の時間をかける方がいいと常々考えています。

肌触りのよい素材で、風と緑を身近に感じられる空間づくりができればと思います。